ミリタリー郵諏

アクセスカウンタ

zoom RSS 切手に見る世界の海軍Aイタリア海軍

<<   作成日時 : 2010/03/24 11:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

切手に見る世界の海軍Aイタリア海軍
地中海南部にブーツの形をした半島とシチリア、サツジニア島などからなる国がイタリアである。古い歴史にさかのぼると古代ローマ帝国に統一されていたが、多くの都市国家が存在していた。
1713年シチリア島に公国が誕生 このシチリア海軍は今日のイタリア海軍の起源といわれる。

当時 地中海では最強の海軍であった。1861年には統一されたイタリア王国が誕生、1920年頃まで続くがクーデターでムツソリーニの独裁政権ができる。現在のイタリア共和国は敗戦後 誕生したものである。
画像
画像

(上)ミサイル駆逐艦オーダチエ 1972年就役。初期のミサイル駆逐艦ですでに退役。全長136m 速力24ノット
対空ミサイル発射機1基 127mm砲2基
(下)水中翼ミサイル艇スバルヴイエロ
1974年〜1984年にかけて建造されたイタリア最初もミサイル艇である。6隻保有していたが、すでに退役している。名の通りスピードは速く速力50ノット 車でたとえたら60kmである。対空ミサイル発射機1基搭載。
日本の海上自衛隊もイタリアのミサイル艇を参考に初めてミサイル艇を建造した。下の写真が、ミサイル艇1号である。
画像

スピード狂が多いイタリア人ではあるが、軍艦は小型が多い。行動範囲が地中海中心なので必要ないのだろう。しかし1分間に90発もうてる大砲を作ったのはイタリアである。今では30カ国以上に輸出され自衛隊の軍艦にも搭載されている
大型軍艦を必要としないにかかわらず、地中海の勇者としての誇りか、フランズと比べ空母を2隻保有している。
画像
画像

(上)空母ジュセツペガリガリバルデイ
1985年就役 イタリア初の空母である。排水量1万トン 全長180m 速力30ノットは空母にしては速い。主に対潜水艦ヘリコプターを16機搭載している。

(下)空母カブール
2007年に就役したガリバルデイの後継艦である。排水量27100t 全長244m 速力28ノット 乗員1000人 対潜水艦ヘリコプター20機 戦闘機は20機
搭載する事ができ、ここがガリバルデイとちがう処だ。又戦車24両など車両運搬機能もある。戦闘機は小さな空母にも搭載可能な英国製のシーハリヤー戦闘機である。

      (切手はそれどれ1998年と2006年に発行された)
画像

           空母に搭載されるシーハリヤー戦闘機
海軍兵力…主要100隻 (潜水艦7隻 空母2隻 駆逐艦3隻 フリゲート艦12隻) 兵員3,2万人 

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
切手に見る世界の海軍Aイタリア海軍 ミリタリー郵諏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる