ミリタリー郵諏

アクセスカウンタ

zoom RSS 切手に見る世界の海軍I イギリス海軍T

<<   作成日時 : 2011/05/13 20:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

17世紀の欧州においては、オランダ、スペイン、ポルトガルなどが海軍が勢力を競い合っていたが、やがてイギリス、フランスが大頭してくるようになる。フランスが破れイギリス海軍が世界の海を支配するようになるのです。

画像

第1次世界大戦の時期、イギリスは数では世界一であった。この頃アメリカ、ロシアも力をつけてくるが、技術面ではかなり先行していた。上の切手は戦後のフリゲート艦であるが、ヘリコプターの搭載を発案したのはイギリスである。
ヘリコプターの搭載は1970年からである。更に軍艦から発射する小型ミサイルを開発したのもイギリスである。

<span style=color:#e00>
★切手解説

フリゲート艦チチエスターとジャガーは1963年移行建造された軍艦。戦後25隻建造された代表的なフリゲート艦です。基準排水量2450t 全長113m  速力は29ノットです。
武装は…11.4cm砲1基  40mm連装機銃1基、 対潜砲1   乗組員235名

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
切手に見る世界の海軍I イギリス海軍T ミリタリー郵諏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる